お店で頼んでみよう。「和らぎ水下さい!」

お店で日本酒を注文すると、一緒にお水を出してくれるところもありますが

まだまだ出してくれるところは少なく…

そんな時は言ってみてください。

「和らぎ水下さい!」


さて、「和らぎ水」とは何なのか?

①飲み過ぎ防止

「和らぎ水」を飲むことで、体の中のアルコール分が下がり、酔いのスピードを遅くすることができる。

胃の中のアルコール度数を下げる働きがあるため、肝臓がアルコール度数を分解するときに必要となる水分を補ってくれます。

お酒とお酒との合間に、お水を飲むことで、自然と飲み過ぎ防止にも繋がります。

飲み過ぎ防止ということは、悪酔いもしにくくなりますよね!

 

②二日酔い防止

二日酔いとは…体の中のアルコールが完全に分解されず、アセトアルデヒドという

有害物質が残ってしまうために起きる現象です。

「和らぎ水」を飲むことで、体のなかのアルコールを中和させ、代謝が活発になり、悪酔いを防いでくれます。

悪酔いを防ぐということは、翌日の二日酔い、顔のむくみも防止することにもつながっていくのです。

 

③脱水症状の防止

アルコールを摂取すると発汗作用、利尿作用が活発になります。これは皆さんも感じていると思います。

アルコールを分解する際に体の水分が奪われ、さらに塩分を取り込む作用もあるため、

激しく酔うと脱水症状を起こしやすくなります。

「和らぎ水」をお酒とお酒の合間に飲むことで、水分を蓄え、飲み過ぎに伴う脱水症状を

防止することに効果的になります。

また、お酒を飲むと、自然と食べる量も増えています。お料理に含まれる塩分も摂取することとなり

体の水分が足りなくなります。

飲むときだけでなく、食べるときににも「和らぎ水」は大事な役割があるのです。

 

④リフレッシュ効果

いろいろな種類のお酒を美味しく嗜む、食事をより美味しく食べるためにも「和らぎ水」が力を発揮してくれます。

次のお酒、お食事の前にお口の中をリフレッシュすることで、舌の感覚を鈍らせず、お酒やお料理の味を鮮明に

味わうことができるようになります。

特に濃い味のお酒やお料理の後には、「和らぎ水」でリフレッシュを!

 

⑤胃への負担を減らす

冷酒が美味しい季節は、ついつい冷えた日本酒をたくさん飲みがち。

冷えた日本酒は飲みやすく、気が付けば4合瓶が空に!!ということもしばしば・・・。

冷えた日本酒を飲み過ぎると、胃腸を冷やしてしまうこともあります。

合間に常温の水や、少し暖かい白湯などを飲むことで、胃腸の冷えが緩和されて、負担が減ります。

少し暖かい白湯ですよ!決して、日向燗・人肌燗・ぬる燗・上燗・熱燗ではありません(笑)

冷えた日本酒や生原酒が好きな方は、特に和らぎ水を飲む習慣をつけるようにしましょう!

兎にも角にも・・・

適量のお酒を美味しく嗜むのが一番です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です